当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています

折れたぁ~!(ToT)

バイク神社に参拝後、異変が・・・

先日、「バイク神社」こと安住神社へ初詣に出かけた話を書きました。

ヒントその87.バイク神社で安全祈願
「バイク神社」ってあるのをご存知ですか?ライダーの安全を祈願するバイク神社。ユニークで楽しいお守りや安全グッズもたくさん。バイク乗りのあなたなら、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

無事参拝も終わり、交通安全祈願のステッカーをフレームに貼って、

さあ、帰ろうか、とエンジンをかけたところ、

何やら異音が。

カタカタカタカタカタカタ・・・・

えっ?ナニナニ!?どこから鳴ってるの?もしかしてエンジン!?

と焦るも、どこから音が出ているかは判らず。

どこかネジでも緩んでいるのかなあ~、と思いつつも、”まあいいか”(←オイオイ)と気を取り直して走り出しました。

ですが、信号待ちで止まるとやっぱりカタカタ鳴っています。

しょうがないので、路肩にバイクを停め、じっくりとあちこち見まわしてみます。

音が鳴ってそうな部分を手で触って音の変化を確かめていくと、どうやら駆動ベルトのカバーから音が出ているようです。

” ああ、これかあ。振動でネジでも緩んだのかな? ”

と、カバーをゆすってみたところ、衝撃の事実が。

「えー!折れてる!!!」

なんと、ベルトカバー(ベルトカバー)の後ろ側のステーが、見事に折れていました。

矢印のところが真っ二つに。(赤い線が破断部分)

振動の激しいハーレーは、いろんなパーツのネジがゆるんだり、時には折れたり、という話を時々聞きますが、まさかノーマルのベルトカバーが折れるとは。

なにしろこのベルトカバー、ハーレーパーツのご多分に漏れず、全て鉄で出来ていて、相当強度があるはず・・・なのですが。

これぞまさに厄除け

最初は

「なんだよ~、せっかくバイク神社にお祓いに来たのに、参拝したとたんにバイクが壊れるなんて~!」

と思いましたが、よくよく考えればこのタイミングで気付いて、本当にラッキーでした。

幸いなことに、前側のステーがボルトの緩みもなくガッチリ止まっていたので無事でしたが、このまま走り続けていれば、振動でボルトが緩み、いずれカバーそのものが外れていたことでしょう。

カバーが駆動ベルトに絡めば、ベルトが切れて走行不能になっていたでしょうし、もし万が一、外れたカバーがホイールのスポークに絡めば、後輪がロックして(なにしろ鉄製のカバーですから)転倒していたかも。

帰路も100km以上高速道路を走る予定でしたから、そこで転倒すれば後続車に轢かれて死んでいたかもしれません。

そうなる前に、異音に気付き、異変に気付けたのはまさに奇跡。いや、これぞ神の御加護だったのかもしれません。

ありがたや、ありがたや。

バイクパーツ屋さんに飛び込む

とはいえ、このまま走り続けるわけにはいきません。とりあえず外れる可能性のあるベルトカバーを外してさえしまえば、走るのに支障はなさそうです。

途中で見つけたガソリンスタンドに立ち寄り、近くにバイク屋がないか尋ねてみました。

教えてもらって訪れたのは、バイクパーツの中古買取・販売を行っている「アップガレージライダース」さんです。

お世話になったアップガレージライダース 宇都宮インターパーク店さん

整備場で作業をしていたメカニックの方に声をかけ、事情を話したところ、作業の手を止め、バイクを見てくれました。

「うわー、折れてますねえ~。」と驚きつつ、作業場から工具を持ってきて、ベルトカバーを外してくれました。

作業代も受けとらず、「気をつけて帰ってください」と送り出してくれたお店の方に、ただ々々感謝!であります。

外されたベルトカバー

アップガレージライダース 宇都宮インターパーク店さん。突然のぶしつけなお願いに、快くご対応いただき、本当にありがとうございました。

外したベルトカバーは鉄製なので驚くほど重く、一瞬、捨てて帰ろうかと思いましたが、もしクレーム処理になるなら、現物が必要になるだろうと思い直し、持って帰る事に。

たまたますぐ近くにあったジョイフルホンダに立ち寄り、ゴムバンドを購入。リアシートに括りつけ、さらに、万が一にも落とさないように、カナビラでリアシートのベルトに結び付けました。

ジョイフルホンダ 宇都宮店

今まで見たことの無いような超巨大なホームセンターです。機会があれば一日中見て回りたい!!

ゴムベルトで括り付け、カナビラでタンデムベルトに結び付けました。

無事帰宅。パーツを持ってディーラーへ。

という事で、高速道路を約160km走って無事帰宅。大事に至ることなく帰宅でき、なによりでした。

あらためて折れたベルトカバーを観察してみると、破断面がかるく錆びているのがわかります。おそらく一気に折れたのではなく、徐々に亀裂が入り、最終的に破断に至ったのだと思います。

ちゃんと運行前点検していれば、とは思いましたが、前回乗った後、このベルトカバーも拭き掃除したのですが、異常には気づきませんでした。

ステー(赤丸の部分)が折れたチェーンカバー。前方のステーだけで止まっていました。

破損した断面

折れたステーの車体側(赤丸の部分)

翌日、折れたカバーを持ってディーラーへ。

笑顔で出迎えてくれた店長に「折れた~」といってカバーを見せると表情が一変。

「え!ほんとですか!?」と驚き、話を聞いて恐縮しきり、という感じでした。

(店に落ち度があるわけじゃないので、そんなに恐縮していただかなくてもいいんですが。)

「メーカーに伝えてクレーム修理にしますので、パーツを預からせてください」と言われ、折れたカバーを店に預けてきました。

ベルトカバーを外したロードスター。すっきりしてカッコイイですが、もちろん、このままでは危険です。

是非一度、ベルトカバーのチェックとお祓いを!(笑)

いくらハーレーとはいえ、今回のケースはきっとレアケースだろうと思います。ですが、実際にこういう事例もあった、という事で、同種のスポーツスターに乗られている方は、是非一度チェックされてみる事をお勧めいたします。

あと、お祓い!(笑)

ぜひ皆さんもバイク神社、訪れてみることをお勧めいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする