当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています

ヒントその3.サーモスでツーリングを2倍!楽しくする方法

至極のツーリングシーン

ツーリングで山道を気持ちよく流していると、緑のきれいな川辺の風景に出会う。

河原に降りてキレイな清流の水をすくい、

家から持参したガスバーナーコッヘルでお湯を沸かしたら、ミルでひいたコーヒー豆を濾して一杯のコーヒーを入れる。
淹れたてのコーヒーの香り。心地よい川越しの風。

それは至極のツーリング

・・・いいですねえ。憧れます。

でもこれ、実際にやるとなると結構大変なんですよね。

荷物がいっぱいになちゃうし・・・。

サーモスで淹れたてコーヒーの味をどこでも

そんな至極のツーリングを、もっと、ずっと、お気軽に味あわせてくれるアイテムが サーモス(THERMOS)です。

家で出かける前に、熱いコーヒーを入れて持って行ってもいいですし、ツーリングの途中に立ち寄ったカフェで、美味しいコーヒーを入れてもらってもいいですね。

(スターバックスやタリーズなら、マイボトルを持参すると、 一杯20~30円くらい割引してくれます。)

ヒントその9.旅の目的に一杯のコーヒーを求めて
ツーリングにちょっとした目的があると楽しいですよね。お気に入りのコーヒーショップへコーヒーを飲みに行くとか。チェーン店でもいいロケーションに建つ店舗があり、それを探してツーリングするのも楽しいものです。

偶然見つけた景色のいい場所でバイクをとめて、香りを楽しみながら飲む一杯のコーヒーは格別です。

(ナルシズムの極致ですが。笑)

夏なら氷を詰めて、冷たい飲み物を持っていくのもGood。

ペットボトルとちがってゴミにならないし、容器についた水滴で他の荷物を濡らす心配もありません。

シンプルな外観がバイクツーリングの気分にぴったり!

もちろん、THERMOSでなくても 割れにくいステンレス魔法瓶なら何でもいいのですが、

小学生が遠足に持っていくようなヤツだと、ちょっと雰囲気が出ないですよね・・・(笑)

僕のお気に入りは一番シンプルなこのタイプ。↓

機能的でシンプルな外観がツーリングの気分にぴったりだと思います。

僕はもう何年もこのマグを使っていて、何度も落っことしてヘコミだらけだけれど、それがまた、“イイ味”になっていると思っています。

ちなみにサーモスって、日本の会社なんだって知ってました?僕はてっきり海外メーカーだと思ってました。

お勧めは広口タイプ

ちなみに、ホットドリンクを飲むなら飲み口が広いスクリュータイプがオススメ。

「ワンタッチオープン」のタイプは片手で開閉出来て便利ですが、コーヒーの香りを味わいづらいのと、細い口から熱い飲み物が勢いよく流れ出てくると、熱くて舌がヤケドしそうになりますから。

お気を付け下さいませ。

バイクライフのヒント 一覧
← ヒントの一覧はこちらから!!。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする