当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています

ノーマルXL1200CXをFP3でインジェクションチューンした結果・・・

FP3で燃調したフルノーマルハーレーでショーツツーリングへ

昨日セットアップしたV&H 「フューエルパック3(FP3)」によるインジェクションチューニングの結果を試すべく、愛車のXL1200CX(ハーレー ロードスター)でショートツーリングに出かけました。

V&H FuelPak3のセットアップ方法
わが愛車ハーレーロードスター(XL1200CX)へバンスアンドハインズのFP3(FuelPak3)をインストールしました。パインバレーさんの説明動画を見ながらなんとか取り付けに成功しましたが、もしこの動画がなかったら、結構大変だったかも。

まずはエンジンを始動。排気音が若干大きく、低くなったような気がしますが、大きな変化は見られません。

ゆっくりと発進し、100mほど走ったところで最初の赤信号。アイドリングが落ち着いたところであらためてエンジンを観察してみると、一回一回の爆発というか、パルス感が力強くなり、その分若干振動がきつくなっています。

青信号でスタート。最初はあまり違いが判りませんでしたが、なんどか発進しているうちに、以前との違いが判ってきました。

ノーマルの時はクラッチをつないでアクセルを開けていくと、クラッチミート直後若干エンジンがぐずる感じがあり、気持ち長めに半クラッチが必要でしたが、チューン後は淀みなく回転が上がり、気が付くと3000回転位になっています。ノーマル時はスタートして2速へシフトアップしメーターを読むとだいたい2500回転位になっていて、そこから更にちょっとアクセルを開けると3000回転に届く、という感じでしたが、チューン後は同じ感覚でシフトアップすると、その時点でもう3000回転になっている、という感じ。そこまでの到達時間が短く早くなりました。

スルスルっと回転が伸びていたのが、ダダダダっと力強く加速するようになり、バイクが小さく、軽くなったような感じがします。

市街地を抜け山道へ入りましたが、今日はクルマが多く、2速に上げるのがやっと、という状態がずっと続きました。いままでだと非常に疲れるような状況でしたが、チューン後は1500~2500回転あたりでのフレキシビリティが向上したため、遅いペースでもアクセルワークが非常に楽になりました。

”やっぱりこれが本来の姿だよなあ”、というのが率直な感想です。

燃費はほぼ変わらず

179km走ったところで給油すると9.2L入りました。燃費は19.5km/L。いままではだいたい20km/L前後だったので、ほぼ変わりないと思われます。

エンジンからの発熱はかなり改善

エンジンからの発熱ですが、測ったわけではない(FP3にはエンジン温度を表示する機能もあるのですが、そのためにノーマルマップに戻すのも面倒なので、、、)ものの、これはかなり緩和されたような気がします。特に右足を襲うエキパイからの盛大な熱は、止まって右足をついていると感じるものの、温度としてはかなり下がったように思えます。夏場のツーリング、大排気量空冷エンジンの保護を考えると、これだけでも投資する価値あり!といえるでしょう。

デメリットは?

ネガはほどんど感じませんが、先述の通り若干振動が増えたような気がする事と、前車を追い越すような時に ”ガバッ!”とアクセルを開けると、いまひとつ回転がついて来ない、という事が何度かありました。

オートチューン機能に期待!

FP3には実走でのデータをフィードバックし、ECM補正を自動で行うオートチューン機能がありますが、現時点ではまだ試していません。このあたりの問題が今後オートチューン機能でどの程度解決するのか。今から非常に楽しみです。

バンス&ハインズ(Vance&Hines) FUELPAK FP3 フューエルパック 6ピン 日本語設定ガイド付き 66005

追伸。

パインバレーさんがFP3を使った新しいサービスを始めました。FP3の可能性を大きく広げるこのサービス。是非チェックしてみてください。↓↓

パインバレーがFP3のオリジナルデータ販売開始!
スマホで手軽に燃料調整の出来るデバイス「FP3」。排ガス対策で異常に燃調の薄いハーレーには手ごろな価格で適正な補正が出来るデバイスですが、マフラーなどのカスタムが進むと対応が難しくなることも・・・。そんなFP3にパインバレーから朗報が!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする