ヒントその98.ハーレーからUSB電源をとる方法(その3)

もっともっと手軽にUSB電源をとれないか?

前回「ハーレーからUSB電源をとる方法」を書きました。

ヒントその98.ハーレーからUSB電源をとる方法(その1)
バイクからUSBチャージャーの電源をとる際の注意点については以前かきましたが、ハーレースポーツスターで電源をとるにはどうすればいいか?出来るだけ安全確実に電源をとる方法とは?
ヒントその98.ハーレーからUSB電源をとる方法(その2)
スポーツスターのバッテリーからUSB電源をとる方法の続き。前回はキジマ製のUSBポートキットと、ハーレーの診断コネクターから電源をとるコネクターケーブルを購入したというところまで書きました。今回はいよいよ取り付けです。

「ノーマルの配線を加工しない方法」ということで、診断コネクターから電源をとるアダプターを紹介しました。電装系の知識が無くても、誰にでもできる方法だと思います。

けれど、

「スマホナビなんてたまにしか使わないから、もっと簡単にやる方法はないの?」

っていう人もいるかもしれません。

そんな方に、もっと手軽な方法をご紹介します!

ワンタッチでつなげるBATTERY TENDERのUSB充電器

ハーレーのバッテリーから簡単にUSB電源をとれる充電器がコレ↓↓

BATTERY TENDER(バッテリー テンダー) クイックディスクコネクトUSB充電器

最近の(2016年式~)ハーレースポーツスターには、バッテリーに充電器をつなぐための充電ケーブルが装備されていて、シートを外したりしなくても充電ができるようになっています。

このUSB充電器は、このバッテリー充電用ケーブルにつなぐことで、USB電源を撮れるアダプターなのです。

バッテリー充電用コネクター(SAEプラグと言います。)。メインヒューズの下にあります。

ハーレーバッテリー充電用コネクター

キャップを外すとこんな感じです。ここにバッテリーテンダーをつなぎます。

なお、バッテリーケーブルが装備されていない車種・年式には自分で付けることも出来ます。↓↓

(STRAIGHT/ストレート) O型端子コネクター(17-114バッテリー充電器用) 17-1141

サイドカバーを外し、充電器用ケーブルにコネクターをつなぐだけなので、とっても簡単。

ただし、この場合常時電源がONとなるので、バイクに乗らないときは外しておかないとバッテリーを消耗してしまいます。ですが、たまにしか使わないのなら、さほど面倒でもないと思います。

スマホも手軽にタンクマウントで

バイク タンクバッグ スマホバッグ KEMIMOTO 8枚の磁石内蔵 タッチパネル対応 収納便利 iPhone/iPhone plus用 ヤマハ・ハーレー・ホンダ・スズキ・カワサキ 汎用

このUSBチャージャーから長~いUSBケーブルをハンドル周りにまで引っ張り、スマホを設置することもできますが、都度つけたり外したりすのはちょっと面倒。

そこで、もっと手軽にということなら、タンクに取り付けるこんなバッグを使うのもオススメです。

スマホを収めてマグネットでタンクに取り付られるので簡単!

ハンドル周りをスッキリと保ちたい、という方にもお勧めできます。

バッグに入れたままスマホの操作が出来るので、信号待ちなどでちょっと確認するにも便利です。(ただし、視線移動が大きくなるので、走行中の凝視はご法度です。)

旅のお供に手軽なUSB充電器を

スマホナビをしなくても、旅先でスマホの充電をしたいときなど、これに繋いでサイドバックにでも入れておけば、常に満充電でスマホが使えます。

ロングツーリングの際、お守り代わりにひとついかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする