稲妻フェスティバルへ行ってきました!

CLUB HARLEY をめくっていると・・・

Lightning、CLUB HARLEYなどでおなじみのブランドが一同に出店する、1日限りの巨大ショッピングイベント、稲妻フェスティバル

そういうイベントがあるのは知っていましたが、今まであまり関心はありませんでした。

たまたま昨日、クラブハーレー誌を買ってパラパラとめくっていたら、稲妻フェスティバルの告知ページが。

「ふ~ん、稲妻フェスティバルかあ。いつなんだろう?」

と記事を読んでみると、今年の開催日は12月15日。

「え?明日じゃん。」

今月のクラブハーレー(2020年1月号)の発売日は12月13日。

CLUB HARLEY(クラブハーレー) 2020年1月号

おいおい、ずいぶん間際の告知だなあ(先月号にも乗っていたのかもしれませんが。)と思いましたが、その日は特に予定もありません。

場所も近いし、天気も良さそう。せっかくハーレーにも乗っているんだから、一度くらい覗いてみるのも悪くないかも・・・

という事で、初「稲妻フェスティバル」参戦となりました。

場所は横浜 山下埠頭特設会場

稲妻フェスティバルの会場は横浜 山下埠頭。元町・中華街駅で降り、童謡「赤い靴はいてた女の子」の少女の象や氷川丸停泊で有名な山下公園のわきを抜け、会場へと向かいます。

駅を出た時から、なにやら妙におしゃれな若者の集団が目につきます。

「さすが横浜だなあ~。」(いちおう僕も横浜市民なのですが。笑) と思いながら会場へ向かうと、そのおしゃれな人たちが皆一様に同じ方向へと向かっていきます。

え!これみんな稲妻フェスティバルへ行く人なの??

これまでいろんなバイク関連のイベントへ出向いてきましたが、まあ、良くも悪くもバイク乗りらしい恰好をした、いかにもそれとわかる人たちが集まっていました。

けれどここに集まっている人は、それら今まで見てきたバイク乗り達とはあきらかに人種(?)が違います。

老若男女、様々な年代の人が集まっているにも関わらず、皆さんおしゃれ。とてもバイクに乗るような恰好ではありません。

そう、この稲妻フェスティバル。「CLUB HARLEY」のイベントでもあり、当然バイク乗り(おそらく大多数はハーレー乗り)もたくさん集まっていますが、それ以上に「Lightning」誌の読者=アメリカンカルチャーが好きな人たちの集まりなんですね。

Lightning(ライトニング) 2020年1月号 Vol.309(究極の買い物。)[雑誌]

広大な会場に店店店、人・人・ひと

会場についたのは、まだ10時過ぎだったにもかかわらず、早くも帰路に着く人々も目につきます。しかもだれもかれもが大きな紙包みをたくさん抱えています。きっとお目当てのものを買うために、気合を入れて早朝から開場を待っていた人たちなんでしょうね。

会場案内。右側は有名ブランドのショップが並ぶ「GRAND MARKET」。左側は個性あふれるショップが並ぶ「MARKET STREET」。さらにその奥には様々なケータリングカーが並ぶ「FOOD COURT」という配置。

イベントを主催する「エイ出版」のブース。同社出版の雑誌のバックオーダーが500円均一、350円均一で販売されていました。僕は最新版の「I LOVE SPORTSTER」を500円でゲット!ラッキー。

I LOVE SPORTSTER 2019 (エイムック 4246 CLUB HARLEY別冊)

抽選会などのイベントが行われるメインステージ。結局ショップばっかり見て回って全くステージイベントを見てなかったことに後になって気づきました。涙

とにかく店の数がハンパ無い。人の数はもっとハンパ無い。商品はいずれも大特価!ファッション好きが群がるのも納得。ただ、198,000円の革ジャンが10万円で売ってたりする。・・・果たして安いのか高いのか。

とにかくものすごい数の出店。そしてものすごい数のひと。そしてみなさん、ものすごい数、服や商品を買っている。

イベント告知していた「CLUB HARLEY」誌に

” たくさんの買い物にはRADIO FLYERが便利!”なんて書いてあったけど、

「そんなヤツおらんやろー 」と思っていたら、、、、居ます。会場に。ラジオフライヤー引っ張っている人が。それも1台や2台じゃない。何人もいます、そんな方が。

”ココで仕入れて商売するんじゃないの?” と思うくらい買い込んでいます。

Radio Flyer ラジオフライヤー ビックレッドクラシックワゴン Big Red Classic ATW 1800 2人乗り キャリーワゴン カート 折りたたみハンドル

ウエアの店が圧倒的に多いですが、もちろん中にはバイク&クルマ用品のブースもあります。これはカーワックスでおなじみ「SurLuster」のブース。最近ハーレー乗りに話題の「ゼロフィニッシュ」も会場特価で売ってました。

「EASY Riders」のブース。カスタムシートが格安で売ってました。思わず衝動買いしそうになりました。

EASY RIDERSの豪華カタログを無償配布してました。もちろんゲット。これ、眺めているだけでもまったく飽きません。

ヒートマスターのブース。こちらも会場特価で販売。人気商品&人気のサイズは早々に売り切れていた様子。来年買いにこようかなあ。

大好きなブーツが均一特価。おもわず・・・

スタンプタウンのブース。僕の愛用するChippewaやあこがれのDanner、RedWingなどが、1万円、1.5万円、2.5万円均一で大特価販売されてました。うー、今日は単にウインドウショッピングだけのつもりが・・・

何かバイク用品で掘り出し物があったら・・・とは思っていましたが、どうやらこのイベントはウエア、しかもバイク用というよりアメカジが中心。

まあ、見ている分には楽しいし、きょうはウインドウショッピング、という事で・・・と思っていたのですが、え?大好きな、あこがれの?ブーツが均一価格で大特価。

いいなあ、と思って見ていると、Dannerのブーツがなんと10,000円均一で出ています。そのうちの一足、かなり個性的なデザインのが気に入り、一万円なら・・・と思ってサイズを探すも僕のほしいサイズは残念ながらSold OUT。

まったく買う気はなかったのに、買えなかったとたんなんだか損した気分に。

うーん、他にないかなあ?と目についたのがもう少し上の価格ランク(といっても格安ですが)の一足。

ちょっとこれは高いから今日は見送り・・・と思いつつも、サイズの有無を尋ねると、在庫から探して持ってきてくれました。

「じゃあ、まあ試着だけ」といって、椅子に腰かけて自分のブーツを脱ごうとすると・・・

あれ?

あれ?

思わず店員さんと目があってしまいました。

げっ!やばい。かっこわるい・・。

試着後、ソールの剥がれた自分のブーツを履くのが恥ずかしく、思わず試着したブーツを指さし、

「これ、ください」

と言ってしまいました。(涙)

・・・買っちゃいました。(笑)

バラエティー&リーズナブルなMARKET STREET

MARKET STREET側に移動。こっちには雑貨など、ウエア以外の店も多く、価格もよりリーズナブルな商品が並んでいます。

オリジナルのナンバープレートを作ってくれるお店。ガレージなんかに飾るとカッコいいんだろうなあ。

ステッカー屋さん

キャンピングカーの展示多数。見ているだけで楽しい!

新型ジムニーのカスタムカー。学生の頃、先輩のジムニーを借りてよく走り回っていましたが、この新しいジムニーはカッコイイ!とても軽自動車とは思えない車格と質感です。

バイクを展示していた数少ないブースのひとつがインジェクション専門のチューニングラボ「SHAFT」のブース。車検対応の合法マフラー「Bell’s Performance Exhaust」を展示販売していました。

実際に音を聞かせてもらいました。程よい音量ですが、低音が響き、ひとつひとつの音が力強いとてもいい音です。音量、音質ともに、僕には理想的。正直いままであまり関心がありませんでしたが、いやあ、がぜん興味がわいてきました。

家族連れ向けの施設もアリ。子供の姿もたくさん見ました。

ずらりと並ぶ出展ブース。よくみると、これ全部ペインターのブースです。それぞれ個性的なピンストライプやペイントサンプルを展示していて、その場でレタリングを描いてもらうことが出来ます。これだけのピンストライターを見比べられるのはココだけでしょうね。

壮観のFOOD COURT

フードコート。30件近いデリバリーカーが並びます。和洋中、どれも美味そうですが、数が多すぎて選べません。

結局選び疲れて、何も食べずに帰りました・・・(笑)

一日楽しめるアメカジの祭典

ちょろっと覗いて、さっさと帰るつもりだったのですが、気が付けば一日中店を見て回り、思わぬ散財もした「初 稲妻フェスティバル」。

来年はもうちょっと早く会場入りし、掘り出し物を探そうかなあ。

戦利品です。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする