当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています

ヤエーってなんだ!?(その3)

春うららかな、というにはちょっと肌寒い日。いつものように道志みちを走っていた。

昔は知る人ぞ知る、という感じの道だったけれど、今ではすっかり有名というか、関東のバイク乗りのメッカと化している。

道の駅で昼ご飯。かきあげそばと一緒に食べた「鮎飯」は店長のオススメと書かれていて、思わず買ってしまった。焼いた鮎をご飯と一緒に炊き上げた後、鮎をほぐした(と思われる)その炊き込みご飯は、やや薄味だったけれど素朴な味でなかなか美味しかった。

「さあ、そろそろ帰ろうか」と元来た道を戻り始めた。

我がスポーツスターの前には一台の軽ワゴン。速くもなく、遅くもない。いいペースで走っていたので、その後ろをついて走る。のどかな春の日。桜は散り始めてしまったけれど、雲一つない快晴。こんな日はのんびりまったり走るに限る。

ところがその軽ワゴンは短い直線で左にウインカーを点け、先に行けと合図をおくってきた。そんなに車間を詰めてはなかったのだけれど、やっぱり後ろに付かれるのが嫌だったのかもしれない。

追い越す瞬間、やや大げさに”ペコリ”とヘルメットを下げて前へ出た。

こうなると多少ペースを上げないと後ろの車に申し訳ない気がして、ちょっと大きめにアクセルを開けた。

しばらく走ると、7,8台のバイクの列に追いついた。車種はバラバラ。マスツーリングなのか、たまたまバイクが連なったのかはわからない。

先頭に遅い車がいるらしく、かなりゆっくりなペースだったけれど、大人しくその後ろについた。

対向車からみれば、僕もこの ”ツーリング集団の一員” に見えることだろう。

最後尾のバリオスはどうやら女の子のようだ。ヘルメットから長めの茶髪が見えている。

上半身はモコモコのジャケットを着ているのに、下半身はヒザ下までロールアップされたハーフパンツだ。安全云々という前に、寒くないんだろうか? いや、下手に車体に触れたら火傷しそうだ。

どうみてもマスツーリングで「しんがり」を任されるタイプには見えないから、すくなくとも彼女はこの集団の一員ではないようだ。

もっとも、だれひとり ”集団の一員” じゃないかもしれないけれど。

それでもやはり「我々」はマスツーリング集団に見えるのか、ひっきりなしに対向車からピースサインが飛んでくる。いや、今は「ヤエー」って言うんだっけ。

僕は自分からは滅多に「ヤエー」はしないけれど、やられたらやり返す(言葉の使い方がちょっと違う?)ようにしている。あんまり大げさに両手を振るようなのは好きじゃないが、軽く手を振って挨拶されるのは、同じバイク乗りとして悪い気はしない。

しばらく ”マスツーリング” していると、前からやはり女性とおぼしきライダーが走ってきた。

ヤマハのクオーターに乗った彼女もさわやかに手を上げて合図を送っている。

「われらマスツーリング集団」のメンバーも、全員が手を振って応える。

そんなメンバーひとりひとりに、ヤマハの彼女は嬉しそうに手を振って応えていた。

そしてその集団のブービーに女性ライダーが居ると気づいた彼女は、我がチーム(?) 唯一の女性ライダーに向かって、ひときわ大きなアクションでヤエーを送った。

うちの女子もそれに応えて大きなヤエーを送った。

やはり女性同士通じるものがあるのだろう。

そして僕。僕も当然手を振った。

もちろん前の女性のように大きくはないけれど、はっきりと見えるように爽やかに左手を振った。

スルーされた。

やはりハーレーに乗ったオッサンは、チームの一員とは認めてもらえなかったようだ。

なんか寂しい。

なんかむなしい。

道志みち

ヤエーってなんだ!?
通勤帰りの電車の中。ちょっとバイクのことを調べていたら、 「ライダーなら覚えておきたいヤエーの仕方」 みたいな記事が目に入った。...
ヤエーってなんだ!?(その2)
ツーリング途中の長い直線道路。 向こうから一台のバイクが走ってくる。若い人たちに大人気のレブルだろうか。 ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする