ヒントその1.バイクカバーのオススメと効果的な使い方のコツ

屋外保管にバイクカバー。でも案外・・・

屋内にバイクを停められる恵まれた環境の方はスルーしていただくとして・・・(笑)

愛するバイクだけれど、マンションの屋外駐輪場。
せめて車体カバーをかけて、、、という僕みたいな方も多いと思います。

ところが、このバイクカバー。せっかく被せていても、雨が染み込んでしまったり、風でホコリが侵入したりして、意外と車体が汚れてしまうもの

がんばって洗車したのに、いざ乗ろうとすると、

「あれ、先週洗車したばっかりなのに((T_T))・・・」

・・・なんて事も。

そんな残念な事にならない、効果的なバイクカバーの使い方があります。

効果的なバイクカバーの使い方とは

できるだけバイクをきれいに保つために、カバーを二重に掛けてみましょう。

「エッ?ナンダソレ!」
「1枚でだめなら2枚って・・・」
「そんなの効果あるの?」

と思いますよね?
僕も最初、友人に勧められたときは半信半疑でした。

ところが、これが意外と効くんですよね~。

雨の染み込みは完全には防げませんが、車体に届く量は確実に減ります。また、風の巻き込みが減る分、車体の汚れはかなり少なくなります。

「そりゃあそうだろうけど、1枚掛けるのもメンドーなのに、いちいち2枚も掛けるの?」

と思うかもしれません。でも、 1枚目を掛けるとカバーで車体が覆われて出っ張るところがなくなり、引っかからなくなるので、2枚目を掛けるのは1枚目よりずっと簡単。

なので思ったほど面倒ではありません。

バイクカバー コストも二倍!?

「でも、カバーを2枚も買うのってなあ・・・」と思いますよね。

けど、車体カバーは意外と寿命の短い「消耗品」。 どんなに丈夫なカバーでも、雨風や紫外線による劣化で2,3年もすれば結構傷んでしまいます。

でも、外側の1枚は痛むのが早いですが、直射日光を浴びない内側の1枚は、外側の1枚よりずっと長持ちします。

だから長い目で見れば、追加投資額はさほどでもありません。

二枚掛けにはどんなカバーを選ぶべばよいか

理想を言えば、1枚目はバイクにぴったりのサイズ。車体に傷がつかないよう、内側が柔らかく、かつエンジンに触れても溶けない材質なら言うことなしです。

溶けないバイクカバーが欲しい!
ハーレーの大きなVツインエンジンはとっても熱くなるので、走行後もなかなか冷めず、カバーが掛けられません。今使っているカバーは熱に強く、走行直後に掛けても溶けないカバーなのですが・・・

2枚目はタイヤまで隠せるよう、ややゆとりのあるサイズで、バタつき難い厚手で丈夫なもの。

裾が絞れるタイプならなお良いですね。

僕のお勧め?防水バイクカバーの決定版

コレは僕が現在使っているバイクカバーです。↓

このバイクカバーは、ほかのバイクカバーと全く質感が違います。最初はびっくりしました。

カバーの材質が、はるかに厚く、柔らかく、そして重い。

あまりに重いので掛けるのにちょっと苦労するほど。その分バタつかず、車体を傷つけにくいです。

そしてなによりその防水性能は完璧!まったく雨が浸水しません。まさに「レインプロテクト」です。

じゃあ、これが超お勧め!かというと、ちょっと微妙・・・。

防水性能が完璧な分、湿気が逃げません。よって地面から上がってきた水蒸気がカバー内にこもってしまうのです。

雨が降った翌日にカバーを外すと、浸水していないにもかかわらず、車体が水滴でびっしり!

完全防水も良し悪し、です。

屋外 保管だけれど、とにかく絶対雨に濡らしたくない人、ホコリや傷つき、直射日光からバイクを守りたい人、そしてマメに(できれば毎日)バイクに乗る人、そういう方には最高です。雨が降っても翌日にはカバーを外して湿気を逃がせるからです。

そうでない方には、多少防水性は劣っても、通気性も考えた商品を選ぶ方が良いと思います。

ちなみに僕はちょっと工作をして、通気性アップをはかりました。↓

ヒントその84.おすすめのバイクカバーに湿気対策を施す
今回は、バイクライフのヒント、というよりは、ちょっとした実験です。 僕の愛用するバイクカバー「レインプロテクト」 残念ながら、大事な愛車...

じゃあ、外側バイクカバーのおすすめは?

外側のバイクカバーは消耗品。そう考えるならヤマハのカバーなんかコスパが良くていいと思います。実際何度か買っていますが、完全防水とはいかないものの、比較的しっかりした生地で、耐久性もありました。↓

もっとコスパを狙うなら、Amazonで格安のカバーがたくさん出品されています。が、ぼくは実際に買ってみたことが無いので、どの程度の品質なのかはわかりません。

評価やレヴューを見ると、案外高評価ですが、この手のレビューは買ってすぐの評価が多いので耐久性は・・・どうなんでしょうね。

究極!最初から二重のバイクカバー

なかには最初から二重構造になっているバイクカバーもあります。

結構高価ですが、愛車を守るには多少高くても・・・という方にはお勧めです。

ゴムバンドでホコリの巻き込みをシャットアウト!

僕は2枚被せたうえに、ホームセンターなどで売っているゴムバンド(トラックの荷台などで使う幅2~3cm、長さ数mのもの。500~600円位で売ってます。)で前後をぐるっと縛っています。
これでホコリの巻き込みはほぼシャットアウト!

二枚重ね+ゴムバンド。 さあ、だまされたと思ってやってみませんか?

(いえ、あの、だましませんから。(笑))

バイクライフのヒント 一覧
← ヒントの一覧はこちらから!!。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする