ハーレーのバッテリー交換 (WESTCOバッテリー取付け編)

WESTCOバッテリーを選択

WESTCOバッテリー




とうとう寿命を迎えた僕のスポーツスター(XL1200CX ロードスター)のバッテリー。

いよいよ新しいバッテリーを購入しないといけないのですが、純正は結構な高値。

いろいろと悩んだ結果、純正バッテリーと同じ工場で作られているという「WESTCO」のバッテリーを選びました。

ハーレーのバッテリー交換 (僕のおすすめ!バッテリー選び編)
もはやお約束(?)のバッテリー上がり 新年明けて早3週間。気温は低いが快晴の日曜日。 寒いながら...

このバッテリー、バイク用品店で売っているのを見たことがなかったので、通販で買おうかとも思いましたが、古いバッテリーを引き取ってもらう必要もあるし、できれば店で購入したいところ。

「WESTCO」で検索すると、パインバレーさんに在庫があることがわかりました。

パインバレーさんには「FP3」を購入するため、以前の店舗へは一度伺ったことがありますが、移転されてからは行ったことがありません。

そこで見学がてら行ってみることにしました。

パインバレーでバンス&ハインズ FP3を購入
空冷エンジンのハーレーは夏場は尋常でない熱さ。排ガス対策で燃調が薄いのがその原因のひとつ。それを少しでも緩和しようと、バンスアンドハインズのFP3を購入しました。フルノーマルのXL1200CXにおける効果のほどは?

パインバレーさんを訪問

バイクで乗りつけて現地でバッテリー交換、ということも考えましたが、今回は素直に車で行くことに。

古いバッテリーを外して持っていくつもりでしたが、あいにくこの日は雨。

屋外駐車ではバッテリーを外す作業もできないので、後日あらためて持ち込むこととして、とにかく店へ向かいます。

新しいパインバレーさんの店舗は、” 横横 ”(横浜横須賀道路)の幸浦 出口からほど近いところにあります。

都内からでもアクセスの良い場所ですが、幹線道路沿いではなく、道一本入った会社や倉庫が並ぶ一角に店舗があるので、事前に場所を調べてから行ったほうが良いと思います。

金沢シーサイドラインに沿った道から一本内に入ると、やがて大きくてちょっと派手な倉庫が見えてきます。

パインバレー

パインバレーさんの外観。大きな倉庫の1階が店舗になっています。

パインバレー

アパレルショップのようなしゃれた店舗ですね

倉庫内の広いスペースの一角に商品展示&商談コーナーがあります。

中にはハーレーオーナー垂涎のパーツが多数展示されています。

店内には特選中古車が。右の棚には同店の代名詞といえる「北米マフラー」など、数々のサイレンサーが並んでいます。

店の奥にはインジェクションチューニングを行うシャシーダイナモ室がなんと2つも。いつか僕のロードスターもチューニングしてもらいたいなあ。

取付前にバッテリーを充電する

ということで、無事WESTCOバッテリーを購入して帰ってきました。

WESTCOバッテリー

WESTCOバッテリー

WESTCOバッテリー

純正と同じ「AGM(Absorbed Glass Mat)」。スポンジ状のグラスマットにバッテリー液を吸収させた構造のことです。「11/19」という表記が見えますが2019年11月製造でしょうか。まだ新鮮(?)なバッテリーですね。CCA(Cold Cranking Ampere)は220。CCAとは低温時エンジンを始動させるバッテリーの能力を定義したもので、数字が大きいほど高性能ということになります。

それにしても不思議なバッテリーターミナルですねぇ。金色に輝くパーツは何のためについているのでしょうか?(・・・とこの時は思っていました。)

一応初期の電圧を測っておきます。・・・0.9mV? なんで? 測り方間違ってるの?

ここでようやく、この赤いプラスチックパーツが単なるカバーであることに気づきます。( ←バカ。)だって説明書も何もないんだから(涙)。カバーについているボルトを端子にねじ込んで電源ケーブルをつなぎます。

あらためて電圧を測ると12.97V。すでに充電済みのようで、このままでも使えますが、念のため補充電します(どうせこの日は雨で乗れないし)。

スーパーナット充電器

スーパーナットの充電器で補充電を行います。

いよいよバッテリー交換・・・ところが問題発覚!

補充電も済んで、いよいよバッテリー交換です。

バッテリーの付け外しは何度もやっているので、サクサクっと作業を進めます。

バッテリーの外し方はこちら↓↓

またまたまたロードスター始動せず(ToT)
昨年バッテリー上がりを起こした我がXL1200CX。今朝泊まりのツーリングに出ようとしたらまたもバッテリーが上がりました。仕方なくバッテリーを外しディーラーへ。ツーリングは・・・

シートとサイドカバーを外し、バッテリーを抑えているステーを外したら、バッテリーを抜きとります。

左:純正 右:WESTCOバッテリー

補充電後、あらためてバッテリーの電圧を確認。12.98V。充電前とほぼ同じ。充電の必要はなかったかも。

外した古い純正バッテリーも測ってみます。12.46V。新品バッテリーと大して違いません。残念ながら電圧を測っただけではバッテリーの状態はわからない、ということですね。

早速WESTCOバッテリーを我がスポーツスターに積みます。純正バッテリーのあった場所にピタリとはまります。(当然ですけど。)

続いてケーブルを接続。バッテリーをつなぐ際の大原則は「つけるときはプラスから、外すときはマイナスから。」というわけで、先ずはプラス端子にケーブルをつなぎます。

が、ここで問題が発覚

WESTCOバッテリーは純正バッテリーと違い、端子がバッテリーケースの側面から僅かに奥まっています。そのため、電源ケーブルの丸端子をバッテリー端子に繋ごうとすると、ケースと段差があるために、ボルトの座面がバッテリーの側面に当たってしまい、最後までボルトを締めこむ事が出来ません。

上がWESTCO、下が純正バッテリーを上から見たところ。WESTCOの端子は側面からちょっと引っ込んでいるのがわかるでしょうか?

えー何でこんな形になってんの?と一瞬驚きましたが、ここは慌てる必要はありません。

例の赤い端子カバーについていた真鍮のワッシャーを挟んでネジを締めればバッチリ。このためについているんですね。

(そもそも何故純正バッテリーと端子の形が違うのか不思議ですが。)

付属の真ちゅう製ワッシャーを挟みます。これでバッテリーケースの側面と面一になります。

横から見たところ。真ちゅう製ワッシャーがないと、ケーブル端子をボルト止めしようとしても、バッテリーケースの側面に干渉してしまいます。

真鍮ワッシャーを挟み、あらためてケーブルを繋ごうとしたその時です。

ネジがどうしても斜めに入ってしまい、締め込む事が出来ません。

バッテリー端子の穴の位置と、ケーブル端子の穴の位置とが微妙にあっていないのです。

え、何で???

よくよく見ると、バッテリー端子のネジ穴の位置が、純正バッテリーとWESTCOとでは僅かに違っていたのです!

左の純正と比べ、右のWESTCOバッテリーは、ターミナルのなじ穴の位置が内側にオフセットしているのがわかります。

純正バッテリーに比べ、端子の穴位置がプラスマイナスとも内側へ数ミリ寄っています。

わずか数ミリ。けれどこの数ミリが案外問題なのです。

ロードスターのバッテリーケーブルはケーブルの接続端子が写真の通りL字に曲がっていて、バッテリー側面に沿うようにして端子に接続するようになっています。けれど、端子のねじ穴の位置が内側(この写真だと左側)へわずかに寄っているために、穴位置が微妙に合いません。

この写真ではボルトが通っているように見えますが、穴位置がずれているためにねじ込んでもボルトが入っていきません。(この写真では真ちゅうのワッシャーをつけ忘れています。)

仕方がないので、端子の上からケーブルを被せるようにして端子に接続します。ボルトをしっかり締めれば緩まないと思いますが、ケーブルが固定されないので本来の取り回しではありません。

きちんとボルトを締めれば、いちおう接続はできます。

けれど本来の取り回しではありません。

そして一番の問題は、端子にボルトをとめる作業がものすごくやりづらくなったことです。

ケーブルの端子の穴とバッテリー端子の穴の位置が合わないので、ケーブルを引っ張ってなんとか合わせます。

その状態でボルトを通してねじ込むのですが、なかなかボルトが入っていきません。

しかも真ちゅう牲のスペーサーをかます分、ボルトの長さが足らなくなるので、余計ねじ穴に届きにくく、なかなか捩じ込めません。

更にはこの真ちゅうのスペーサー、バッテリーケースに干渉しないように、円ではなく、下側を削った形になっています。

この削った側がちゃんと下に向いていないと納めるべき位置に収まりません。けれどボルトをねじ込むとこのスペーサーも回ってしまいます(涙)。

ケーブルを引っ張って穴位置を合わせ、真ちゅうのスペーサーが回らないように抑えつつ短いボルトをねじ込みます。その作業をほとんどスペースのないスポーツスターのシート下でやるのです。

ちょっと油断すると、真ちゅうのスペーサーが落っこちたりします。変なところに入ると取れなくなるので、ものすごく慎重に作業をする必要があります。

とってもやりづらく、とっても面倒です。(ToT)

普通のバイクなら問題はありません。そうそうバッテリーが上がることもないでしょうから。

また、自宅ガレージで電源コンセントを用意できる人なら、バッテリーをわざわざ車体から降ろさなくても充電ができるので、やはり問題はないでしょう。

ただ、僕のように屋外駐車で電源がない場合、時々バッテリーを外し、部屋に持ち込んで充電をする必要があります。そのたびに今回のような面倒な作業をしてバッテリーの付け外しをするのかと思うと、かなりうんざりします。

マイナス側はあまり問題なし。

なんとか交換し、試走したら・・・

いままでなら10分ほどでできていたバッテリー交換を、40分以上かけてなんと終えました

正直なところ二度と作業したくありません。(涙)

ともあれ、無事新しいバッテリーが搭載されました。

すでに日没間際でしたが、とにかく試乗してみます。

キーを回し、セルボタンを押すと、

キュル、ドルゥーン!!

気持ちよく一発始動です。

早速跨がって発進します。

心なしかエンジンが静か、というかスムーズに回っている気がします。

「まあ、あれだけ苦労して新しいバッテリーを取り付けたんだから、そりゃあ良くなったように思えるよな~。」

「気のせいというか、いわゆる” プラシーボ効果 ”って言うやつなんだろうなぁ 」

なんて思いつつ走っていましたが、走り続けているうちに、

「こりゃあ、プラシーボなんかじゃないかも!」

と思い始めました。気のせいなんかじゃなく、明らかにエンジンがスムーズで、かつ力強く回ります。

まあ、僅かな差といえばそうなんですが、オーナーならハッキリと判ります。

実に気持ちいい!

やっぱり電気は効くよなあ~、とあらためて思いました。

これだけ違うならまだ寿命を迎えていなくても、1年なり2年なりで積極的にバッテリーを変えてもいいなあ~、と思います。

結局「WESTCO」は買いか?

で、結局「WESTCO」って買いなの?っていう事なんですが、こればっかりはしばらく使ってみないと判りません。

正直、この付け外しの面倒臭さは” 御勘弁 ” なのですが、もし2年間ノントラブルで充電の必要もなく乗れるなら別に問題無いわけです。

逆に2年と持たずにしょっちゅう充電が必要になるようなら、とても付き合いきれないだろうと思います。

果たしてどうなるでしょうか。

純正バッテリーとの価格差はおよそ一万円。車体に載せたまま充電出来る環境なら間違いなく「買い」なんだけどなあ~。

というわけで、今後も折に触れてレポートしたいと思います。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする